美しい詩

石川啄木の恋愛短歌(恋の歌)を集めてみました。

先日、石川啄木歌集を繰り返し読んでいるうちに、啄木が異性について歌った短歌(恋愛短歌)に、啄木の独自性が色濃く出ていると感じました。

そこで、今回は、石川啄木の恋愛短歌(恋の歌)を集めてみました。

頬につたふ
なみだのごわず
一握(いちあく)の砂を示しし人を忘れず

砂山の砂に腹這ひ
初恋の
いたみを遠くおもひ出づる日

やはらかに積もれる雪に
熱てる頬を埋むるごとき
恋してみたし

わがために
なやめる魂(たま)をしづめよと
讃美歌うたふ人ありしかな

己(おの)が名をほのかに呼びて
涙せし
十四の春にかへる術なし

世の中の明るさのみを吸ふごとき
黒き瞳の
今も日にあり

かの時に言ひそびれたる
大切の言葉は今も
胸にのこれど

ふるさとの
麦のかをりを懐かしむ
女の眉(まゆ)にこころひかれき

以上はすべて「一握の砂」から選びました。また、良い短歌が見つかったら追加してまいります。

恋愛を含まない短歌の傑作選は、こちらをご覧ください⇒石川啄木の歌集「一握の砂」の名作

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP