風花未来が、優れた詩や偉人の名言など、言葉(日本語)の力を再発見。「Web文章の書き方(ライティング)講座」を連載中。

menu

美しい言葉

CATEGORY日本の名作ドラマ

  • 2017
  • ドラマ「最上の命医」を見た感想。 はコメントを受け付けていません。

ドラマ「最上の命医」を見た感想。

アマゾンプライムで、テレビドラマ「最上の命医」を見ました。 「週間少年サンデー」に2008年1号から2010年13号まで連載された橋口たかしの同名漫画作品が原作となっています。 今回私が鑑賞したのは、2011年1月10日から3月…

ドラマ「高校教師’93」は何度も見てみたい名作。

近くのレンタルショップに何気なしに入ったら「何度も見てみたい名作」というラベルが目に入り、ふと借りてしまったドラマ、それが「高校教師」。 93年版の古い方なんですが……これは、文句なく、面白い。 2003年版もあるみたいですが、…

「しあわせの記憶」は渡辺謙と麻生祐未のコラボが際立つ、新しいホームドラマの傑作。

不思議です。渡辺謙が主演する映画やドラマはほとんどすべて永久保存版になってしまうからのようです。 今回アマゾンビデオで鑑賞したドラマ「しあわせの記録」も、本当に素晴らしい。 何より、ドラマという表現形式そのものが、こういう脚本と…

ドラマ「人間の証明2017」で藤原竜也が、哀愁の刑事を好演。

少し前に、映画の「人間の証明」について書きました。その記事はこちら⇒映画「人間の証明」 今日は、ドラマの「人間の証明」をAmazonビデオで見た感想をお伝えしますね。 「人間の証明」は、ドラマスペシャルとして、テレビ朝日系列で2…

次世代に語り継ぎたい日本の名作ドラマを集めてみました。

ドラマはテレビの華と呼ばれた時代があったそうです。今はどうでしょうか。優れたドラマを見た時の感動は、時に映画よりも大きい時があるのですね。このページでは、次世代まで語り継ぎたい名作ドラマをご紹介することにしました。 ドラマ「いつかこの…

ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」の感想

テレビを3年ほど前に処分してしまったので、テレビドラマは全くリアルタイムでは見ていません。 今回、感想を書こうとしている「いつかこの恋を想い出してきっと泣いてしまう」も、dTVという動画配信サービスでふと見つけたのですね。 ただ…

ドラマ「愛し君へ」で菅野美穂が朗読した詩「雨にも負けて」の切なさ

「愛し君へ」。これは映画ではなく、テレビドラマ。主演は菅野美穂と藤木直人。共演は、伊東美咲、玉木宏など。2004年4月19日から6月28日まで、フジテレビ系の「月9」枠で放送された。 映画「解夏(げげ)」と同じ原作のドラマ化だが、映画…

深田恭子と金城武が共演したドラマ「神様、もう少しだけ」を見た感想

人はかけがえのないものを失うと知った時、初めて自分がしなければいけないことに気づく、そういうことはあるものです。 そんなことを教えてくれる、日本の隠れ名作ドラマがあります。 主人公がナレーションで語る、その詩のような言葉の連なり…

テレビドラマ「塀の中の中学校」でも、渡辺謙の存在感が圧倒的でした。

テレビドラマ「塀の中の中学校」は、長野県松本市にある「松本少年刑務所」の中にある公立中学校「松本市立旭町中学校桐分校」が舞台となっています。 実在する刑務所内で実際にロケ撮影が行われた、日本でただ一つのテレビドラマです。 脚本は…

「僕の生きる道」からは静かな音楽が聞こえてくる。

草なぎ剛が主演したドラマ「僕の生きる道」を見返している。 この設定と展開で、グイグイと引き込まれるとは…… やはり、演出がいいのだろうか。 「僕シリーズ」はすべて見ている。3部作あるのだが、どれか一つを選ぶのが困難なほど出来が…

さらに記事を表示する

アーカイブ