風花未来が、優れた詩や美しい大和言葉など、日本語の力を再発見。Web文章の書き方講座も連載中。

menu

美しい言葉

映画「この森で、天使はバスを降りた」を見た感想

今回、鑑賞した映画は「この森で、天使はバスを降りた」。

「この森で、天使はバスを降りた」は、1996年にサンダンス映画祭、日本では1998年1月15日にリリースされたアメリカ映画。

物語の発端。5年の刑期を終えた若い女性パーシーは、再出発をはかる為にギリアドという森に囲まれた田舎の町で、バスを降り、飲食店を経営する老人・ハナのもとで住み込みで働くことになるのだが・・・(引用元:みんなのシネマレビュー)。

いつも、自分の感想を素直に書けば良いと思うんですが、ときどき気になって、レビューサイトを見てみたりします。

今回も、レビューサイトを読んできました。

だいたい、私の感想と似ていましたね。全体に高評価です。

しかし、やっぱり、あの主人公が、ああなってしまうのは、ちょっと、ねえ~という感じ。

ネタバレになるので、あまり詳しくは書けません。

「死」は、時には感動を呼びますし、映画の世界観を強化することができるので、必ずといっていいほど、映画には登場人物の死が描かれます。

この作品の場合は、できれば、死なせないで欲しかったです。

というか、できるかぎり、人物は死なせないで描き切ることを、してほしいと思います。

安易に、またご都合主義で、主要人物を殺してしまうのは、一種の手抜きだとさえ感じてしまいます。

ただ、この映画は、全体に好感を持ちました。

大自然が描かれるんですが、そのシーンの一つひとつが美しすぎて、ふっと、死を考えてしまうほどでした。死ぬときは、自然の中で抱かれて死にたい、そういう願望が無意識下にあるからでしょうか。

ラストシーンも、すごく良かった。

笑顔が、未来への希望を物語っている。未来への希望、これが、この映画のテーマだと思います。主人公の悲劇も、そのために描かれているんですね。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

アーカイブ

お気に入り(ブックマーク)に追加してくだい♪

キーボードの「Ctrl」と「D」を同時に押してから「完了(追加)」ボタンをクリックしてください。「美しい言葉.com」を「お気に入り(ブックマーク)」に追加できます。

応援、ありがとう♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ