かなり前ですが「愛語あいご)」という言葉を、このブログで取り上げました。しかし、全くというほど、アクセスはなかったのです。

 

たぶん、この「愛語」は、日常生活ではほとんど使わないからでしょうね。でも、良い言葉ですよ⇒愛語についてはこちらで書きました。

 

実は「愛語」は「和顔愛語」というふうに熟語で使われることが多いのですね。

 

で、今回は「和顔愛語わげんあいご・わがんあいご)」という四字熟語を、ご紹介することにしました。

 

この「和顔愛語」は、今読んでいる川端康成の「美しい日本の私」の中に出てくるのです。良寛に関する叙述が素晴らしいのですが、絶妙なタイミングで「和顔愛語」が使われていて、ドキッとしました。

 

前から「和顔愛語」という言葉は知っておりましたが、川端康成が良寛を語る時に使ったことが印象深く、この言葉について考えているうちに、非常に良い日本語だということに気づいたのです。

 

和顔愛語は「大無量寿経(だいむりょうじゅきょう)」にある言葉。つまり、仏教用語です。

 

「和顔愛語(わげんあいご)」について「実用日本語表現辞典」は以下のように説明しています。

 

 

仏教用語で、温和な顔つきと、穏やかで思いやりのある話し振りを指す語。

 

 

「世界宗教用語大事典」は「和顔愛語(わげんあいご)」について以下のように解説。

 

 

仏教で教える語。やわらかな顔つきとやさしい言語(『無量寿経』)。

 

 

「goo辞書」は「和顔愛語」を「わげんあいご」ではなく、「わがんあいご」と読み、次のように説明しています。

 

 

和やかで温和な顔つきや言葉つき。穏やかで、親しみやすい振る舞いのこと。▽「和顔」はやさしげな顔つきのこと。「愛語」は親愛の気持ちがこもった言葉の意。

 

 

要するに「和顔愛語(わげんあいご・わがんあいご)」は、やわらかな笑顔など、和やかな表情で、優しく温かな言葉を、思いやりがさりげなくにじむように語ることを指すのです。

 

仏教用語は、これまでにもご紹介したことがあります。それは「和顔施わげんせ)」です。

 

吉川英治は笑顔がきれいな稀有な作家なのですが、その秘密は「和顔施」という生き方を、吉川英治が貫いていたからではないでしょうか。

 

それについてはこちらの記事へ⇒吉川英治の笑顔の秘密は「和顔(わげん)」という美しい日本語にあったのかもしれない。

 

⇒「和顔愛語」という言葉を含め、日常をラクに、伸びやかに暮らせるようになる方法を私になりにまとめたのが「風花円満(まどか)」です。