メニュー
2011年10月10日
[「体言止め」の長所・短所]

体言とは名詞や代名詞などのこと。この体言で文を終えることを「体言止め」と呼びます。

文章の出来不出来を、プロとアマとで比較しますと、もっとも顕著にあらわれるのが、文章のリズムです。文章を心地よいリズムで書くには、語尾の変化が重要。語尾変化で欠かせないのが、体言止めにほかなりません。

では、さっそく体言止めを、例文で具体的に見ていただきます。

私がいちばん好きな花は紫陽花です。梅雨時に気持ちが滅入っていても、この花を見ると、なぜか元気になれます。

では、上の文を体言止めを使って書き換えてみましょう。

私がいちばん好きな花、それは紫陽花。梅雨時に気持ちが滅入っていても、この花を見ると、なぜか元気になれます。

古い文章作法の本を読みますと、「体言止めは使わない方が良い」と書かれている場合があります。

使わない方が良い場合も確かにありますが、使った方が良い時もあるのです。

Web文章の場合は、体言止めは使わざるを得ません。というのは、ブログに「ですます調」で文章を書く場合、文体を軽妙かつリズミカルに保つためには、1回や2回は、体言止めを使う必要が出てくるからです。

体言止めを使うべきではないと戒めるのは、文章が軽くなったり、品格が失われることを怖れるからです。

しかし、Web文章の場合は、ほどよい軽さは不可欠であり、品格よりも親近感の方を求められるケースが多いので、体言止めは、効果的に使うべきであるというのが私の考え方です。

では以下、体言止めの長所と欠点をあげてみましょう。

【体言止めの長所】

1)簡潔な表現ができる。
2)余韻を残すことができる。
3)イメージの広がりを演出できる。
4)軽妙なリズムを生み出せる。

【体言止めの短所】

1)文章が軽くなりすぎる。
2)文章に品格がなくなる怖れがある。
3)使い方を間違えると文章が途切れてしまい、リズムが崩れる。
4)文章の意味が通じにくくなる場合がある。

要するに、体言止めは、巧みに使いますと効果があがりますが、失敗しますと、目も当てられなくなるのです。

それだけに、注意しながら使うべきです。

できるだけ使わない方が良いとは申しません。Web文章の場合には、基本的に「軽いリズム感」が求められます。そのためには、体言止めが必要となるので、これを回避せず、上手に使いこなせるようになりましょう。

巧みな体言止めを活かした名文が、太宰治の「走れメロス」です。以下の記事をご参照ください。

太宰治「走れメロス」の文章力は?

文章の基本ルールをまとめて読みたい人はコチラ⇒文章の基本ルール まとめ


上の記事を読んだ人は、以下の記事も読んでいます。

作成者ことのは
カテゴリー:文章の基本ルール
タグ:文章の基本ルール, 文章の書き方, 言葉, 言響プロジェクト
12:45

コメントなし コメント投稿
*.前:ボールは丸い【ゼップ・ヘルベルガーの名言】
#.次:サトウハチロー「長崎の鐘」の言葉力

最新記事 | 最新コメント | アーカイブ | カテゴリー | ページ一覧 | タグ | ログイン
Classic theme by Ktai Style.