高村光太郎

  1. 高村光太郎の詩「ぼろぼろな駝鳥」を読み継いでゆきたい理由。

    高村光太郎(たかむらこうたろう)の詩「ぼろぼろな駝鳥」をご存知の方の多くは、教科書になっていたことに起因するのではないでしょうか。実は、私もそうです。…

  2. 高村光太郎の「あどけない話」が智恵子抄の中で輝きを増している理由。

    少し前、二十代の人たちと話す機会があったのですが、高村光太郎という名前すら知らない人が多かったことに驚きました。名前は聞いたことがあるけれども、…

  3. 高村光太郎詩集が「自分探しの旅」へと私を駆り立てる。

    私は今、新しい「自分探しの旅」に出かけたところなのだ、そんな気がしています。矢継ぎ早に5冊ほど本をネットで注文しました。高村光太郎に関する本ばか…

  4. 高村光太郎詩集から始めてみませんか。どんな詩を読むべきか悩んでいる人へ

    最近、詩について語ることが増えています。その理由は「言葉に目覚めてほしい」からです。言葉に目覚めないかぎり、言葉による自在な表現は不可能です。したがって…

  5. 「マンガで読む名作 智恵子抄」を読んだ感想

    私は文庫本ですが、何冊か高村光太郎の詩集を持っています。私が最も愛読してきた詩集の一つが高村光太郎詩集なのです。高村光太郎はいろんな優れた詩をのこしてお…

PAGE TOP