風花未来が、優れた詩や偉人の名言など、言葉(日本語)の力を再発見。「Web文章の書き方(ライティング)講座」を連載中。

menu

美しい言葉

「怒り心頭に達する」は間違いで「怒り心頭に発する」が正しい?


「怒(いか)り心頭(しんとう)に発する」は「激しく怒る」という意味の言葉。しかし「怒り心頭に発する」を「怒り心頭に達する」と間違えて使っている人が、非常に多いらしいのです。

以下、大辞泉からの引用。

文化庁が発表した平成17年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方である「怒り心頭に発する」を使う人が14.0パーセント、間違った言い方「怒り心頭に達する」を使う人が74.2パーセントという逆転した結果が出ている。

「怒り心頭」の「頭」は「~のあたり」を意味する接尾語。つまり「心に怒りが生じる」ことを伝える言葉なのだそうです。このことは「間違えると恥ずかしい日本語500」に解説されていました。

日常では「頭にくる」という言葉をしばしば使うために、怒りがの天辺まで到達するという意味から「達する」と誤用してしまうのでしょう。

しかし、「頭」という言葉が「~のあたり」を意味する接尾語であることを知っている人が、どれくらいいるでしょうか?

「心頭を滅却すれば火も亦涼し」という言葉があります。意味は以下のとおり(引用元:大辞泉)。

心頭(しんとう)(を)滅却(めつきやく)すれば火もまた涼(すず)し

無念無想の境地にあれば、どんな苦痛も苦痛と感じない。
〔補説〕 禅家の公案とされ、1582年甲斐(かい)国の恵林寺が織田信長に焼き打ちされた際、住僧快川(かいせん)がこの偈(げ)を発して焼死したという話が伝えられる。

この言葉からもわかるとおり、「心頭」の意味を「心。心の中」と正しく理解した方がわかりやすいでしょう。

「心頭」は「心と頭」を意味するのではなく、「心」あるいは「心の中」を意味する言葉なのです。

そのことがわかれば「怒り心頭に達する」という表現がマズイことに気づくでしょう。

以下、もう一度おさらいします。×は間違い、〇が正解。

×怒り心頭に達する

○怒り心頭に発する

この日本語の誤用も、無理はない、間違えても仕方がない気もしますね。

美しい日本語で書かれた作品をまとめました。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

お気に入り(ブックマーク)に追加してくだい♪

キーボードの「Ctrl」と「D」を同時に押してから「完了(追加)」ボタンをクリックしてください。「美しい言葉.com」を「お気に入り(ブックマーク)」に追加できます。

アーカイブ