名言・格言・ことわざ

正直の頭(こうべ)に神宿る。

正直の頭に神宿る」は「しょうじきのこうべにかみやどる」と読みます。ことわざですが、使う人は少ないのではないでしょうか。

私自身も最近になって知りました。テレビドラマ「白い巨塔」(田宮二郎が主演したバージョン)の中で出てきたのです。

良い言葉だと直感したので、ご紹介することにしました。

正直な人には、必ず神のご加護がある」という意味。

似た言葉としては「Honesty is the best policy.(正直は最善の策)」があり、この方がしばしば使われますよね。

その他の類似表現には、以下のような言葉があります。

「正直の頭に神宿る」の類似表現

神は正直の頭に宿る。

正直は一生の宝。

正直は最善の策。

正直者に神宿る。

「白い巨塔」は、どす黒い人権謀術策がうずまく欲望の世界が描かれているので、その中で使われた「正直の頭に神宿る」という言葉が実に鮮明に浮かび上がったのでした。

他の類似表現よりも、「正直の頭に神宿る」がふだん使われないだけに、また「頭」という言葉に、重さが感じられ、もっとも敬虔で純粋な表現であると言えるのではないでしょうか。

ドストエフスイーの「白痴」に出てくるムイシュキン侯爵、「カラマーゾフの兄弟」に出てくるアリョーシャは、まさに正直者の典型として描かれています。

純粋無垢な人の魂は、全人類の憧れかもしれませんね。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP