風花未来が、優れた詩や偉人の名言など、言葉(日本語)の力を再発見。「Web文章の書き方(ライティング)講座」を連載中。

menu

美しい言葉

クリスマス映画の定番「三十四丁目の奇跡」の感想


今日はちょっと気分転換に、名作映画のお話です。

この映画をご覧になったことがありますか?

三十四丁目の奇跡」。

クリスマス映画の定番ですよね。う~ん、この「三十四丁目の奇跡」は、良いですね。

あのサンタ役のお爺さんを見ているだけで、気持ちがホッカホカになってきます。

ハートウォーミングという言葉が、最近、死語になってしまっているようですが、まさに、これは「心温まる名作」です。

あまり理屈っぽいことは語りたくない映画ですが、映画を見る愉しみの1つに役者さんの存在感というものがあるかと思います。

このサンタ役を演じたエドマンド・グウェンの存在感だけでも、この映画は鑑賞する価値があると感じました。

私は吹き替え版が好きなんです。吹き替えも文化だ、が私の持論ですが、この映画の吹き替えも、聞いているだけで温かな気持ちになれます。たまには、古い映画を見るのも良いですね。

美しい日本語で書かれた作品をまとめました。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

お気に入り(ブックマーク)に追加してくだい♪

キーボードの「Ctrl」と「D」を同時に押してから「完了(追加)」ボタンをクリックしてください。「美しい言葉.com」を「お気に入り(ブックマーク)」に追加できます。

アーカイブ