風花未来が、優れた詩や偉人の名言など、言葉(日本語)の力を再発見。「Web文章の書き方(ライティング)講座」を連載中。

menu

美しい言葉

Ali – After The Love Has Gone 感想

これまで韓国の若手女性ソロシンガーについて、何度か語ってきました。

Navi、IU、TomTom、そして、今回は、Aliの登場です。

AliはKBS2TV『ユ・ヒヨルのスケッチブック』、MBCTV『音楽旅行ラララ』、SBSTV『キム・ジョンウンのチョコレート』をはじめとして、EBSTV『スペース-共感』など、音楽プログラムに出演して歌唱力を認められました。2009年デビュー曲『365日』で、サイワールドデジタルミュージックアワード2009新人賞を受賞。

これが、Aliの1st Mini Album「After The Love Has Gone」。

After the Love Has Gone

CDが届いたので、じっくり聴き入りました。
トラック構成は以下のとおり。 

1 365日
2 Crazy Night
3 バンパイア
4 むかっと
5 初めての挨拶
6 365日 (lnst.)
7 Crazy Night (lnst.)
8 バンパイア (lnst.)

勝負曲は、何といっても、最初の「365日」、そして、人気のSBSドラマ「テロワール」の挿入歌となった4番目の「むかっと」。

いずれも、バラードですが、韓国歌手にありがちな「泣き」の歌い上げ(泣き節)ではなく、「むかっと」のサビでは、ジャニス・ジョップリンを想わせるソウルフルな歌唱が聴けます。 

Aliの声、良いですね!

このサビの声質がAliの生命線かもしれません。透き通る声なら、他の歌手でもかまわないわけで…。

Aliの声はコチラで聴けます⇒むかっと

※CDで大音量にして聴くと数倍、効きます。

洋楽のコピーではなく、誰にも似ていない、Ali独自の世界が感じられることが、何よりの快感です。

何だか、規格外の可能性がAliの未来には広がっている気がします。

アルバムは日本では、あまり売れていないみたいですが、ぜひとも、多くの人に聴いていただきたい類まれな才能です。ある程度売れないと、正規アルバムの発売も期待できないし…というか、そろそろ、第1集を出してほしいですね。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

お気に入り(ブックマーク)に追加してくだい♪

キーボードの「Ctrl」と「D」を同時に押してから「完了(追加)」ボタンをクリックしてください。「美しい言葉.com」を「お気に入り(ブックマーク)」に追加できます。

応援、ありがとう♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ

アーカイブ