風花未来が、優れた詩や偉人の名言など、言葉(日本語)の力を再発見。「Web文章の書き方(ライティング)講座」を連載中。

menu

美しい言葉


先日、東京の出版関係の会社に勤める友人と電話で歓談しました。

2人ともライター経験があるのですが、
彼は編集系ライター、
私はコピーライター系です。

で、今回の話題は「名作コピーに学ぶ」。

私たちがライターになりたての頃は、古典的な名作コピーなどは暗記するまで読まされましたし、自分たちでも、しばしばコピー談義、文章論に花を咲かせたものです。

夏から秋にかけて発表された名作コピーで、こういうのがあります。
かなり古いですけど、毎年思い出すのです。

パルコのポスターのキャッチフレーズ。

少女は無口だった。夏の終わりだった。

ビジュアル(写真)は、水着の女性の後姿です。

ひと夏で少女は大人の女性になったのかもしれない。
熱い恋愛に身を焦がし、燃え尽きたかもしれない。

そういった物語性を読者に想像させる、
たいへん情感豊かなコピーでした。

では次に、秋の始まりの名作コピー。

今度も、パルコのポスター。

美しい弾丸を込めて、秋。

ビジュアルは、黒のレザーに身を包んだ外国人女性が、こちらを睨みつけている写真です。

句読点の打ち方が違っていたら、すみません。何しろ、原版が手元にないものですから。

夏の未練はさっぱり捨てて、新しい美に立ち向かってゆく女性の強烈なオーラが、紙面から立ち上がってくるようでした。

なぜ今日は、広告コピーの話なの?って思っていませんか。
そうですね、ご説明しましょう。

どうして、パルコのポスターの例を出したかというと、
実は良いコピーは必ず、良いビジュアルと結びついているのです。

だから、コピーライターは、ある程度、絵も描けなくてはいけません。
私は、実際に会社で、そういう訓練をさせられました。

広告に限らず、これだけ社会がビジュアル化してくると、映像が浮かばない言葉というものは、なかなか理解されない(強い訴求力を持ちえない)のです。

ですから、ブロガーの文章も、映像が鮮明に浮かび上がる方が、よく伝わる確率が高いと言えます。

では、どうしたら、そういう文章が書けるようになるか?

それは、文章を書く時に、映像を意識して書くクセをつけることです。

プロのコピーライターは、サムネイルといって、自分で紙に絵を書いて、そこにコピーを入れる練習を積みます。

日ごろから、映像を意識して、その映像を喚起する文章を、書くように心がけてください。

そんなわけで、今回は、名作コピーの鑑賞、そして、言葉と映像との関係について、触れてみました。どうか、参考にしてください。

美しい日本語で書かれた作品をまとめました。


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

応援ありがとう♪

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

アーカイブ

お気に入り(ブックマーク)に追加してくだい♪

キーボードの「Ctrl」と「D」を同時に押してから「完了(追加)」ボタンをクリックしてください。「美しい言葉.com」を「お気に入り(ブックマーク)」に追加できます。