風花未来が、優れた詩や偉人の名言など、言葉(日本語)の力を再発見。「Web文章の書き方(ライティング)講座」を連載中。

menu

美しい言葉

映画「麒麟の翼」の感想


2012年に公開された映画「麒麟の翼」をDVDで鑑賞しました。

当サイト「美しい言葉.com」としては、珍しく最近の映画を取り上げます。

良質なエンターテインメントです。東野圭吾の同名の原作を読んでいないので、謎の答えがわからず、余計に没入できました。

麒麟の翼

特に、主人公である加賀恭一郎を演じた、阿部寛の存在感が際立っていました。60歳以下の役者で、味のある演技を楽しませてくれるのは、渡辺謙と阿部寛ぐらいしかいないと感じるのは私だけでしょうか。
映画自体、細部まで、手抜きなしに作り込まれているので、緊張感を最後まで保つことができました。
東野圭吾の小説は、映像化されると面白いですね。小説の文章は淡泊なのですが、アイデアとかプロットは面白いので、それなりの配役と演出ができれば、映像作品として充分に楽しめます。

美しい日本語で書かれた作品をまとめました。


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

お気に入り(ブックマーク)に追加してくだい♪

キーボードの「Ctrl」と「D」を同時に押してから「完了(追加)」ボタンをクリックしてください。「美しい言葉.com」を「お気に入り(ブックマーク)」に追加できます。

アーカイブ