風花未来が、優れた詩や偉人の名言など、言葉(日本語)の力を再発見。「Web文章の書き方(ライティング)講座」を連載中。

menu

美しい言葉

詩の永遠のテーマ 青い空


私自身、今もなお憧れ続けているものといえば、それは「青い空」です。風花式で言いますと「瑠璃色の空」となります。

少年の頃に見た、あの真っ青な空の輝きを、今も憶えているから、未来への希望が抱けるのかもしれません。

ところで、今回は「詩の永遠のテーマ 青い空」について、書いてみたいと思います。

さっそくですが、谷川俊太郎の「かなしみ」という詩を引用してみましょう。

かなしみ

あの青い空の波の音が聞こえるあたりに
なにかとんでもない落し物を
僕はしてきてしまったらしい

「青い空の波の音」と書いたところが、さすがに詩人ですね。ふつうは、青空を見ても波の音を感じることは、まずありませんから。

そして「青い空」を「落し物」につなげたことが、この詩の寿命を長くしているのだと思います。

歌人も、「空」を、ひんぱんに詠みます。

若山牧水のこの歌を知らない人はいないでしょう。

白鳥は哀しからずや空の青海のあをにも染まずただよふ

石川啄木にも、こんな歌がありました。

不来方(こずかた)のお城のあとの草に臥(ね)て
空に吸はれし
十五のこころ

彫刻家であるロダンは、こんな意味の言葉を遺しています。「誰にでも、天空と樹木とがあるのに」。

神様は人に対し、いろんな不公平をなさる。でも、真っ青な空と緑潤う木々は、平等に眺めることができます。

ロダンは、愚かな戦争を繰り返す人間たちの愚かさを嘆いて、「誰にでも、天空と樹木とがあるのに」という言葉を発したのかもしれません。青春期に読んだのですが、今でも時々思い出す言葉の一つです。

ロダンほど詩的な彫刻家も珍しいですが、同じ彫刻家である高村光太郎は、詩人でもありましたね。そういえば、「ロダンの言葉」を翻訳したのは高村光太郎でした。

高村光太郎も、青い空を詩にしています。「あどけない話」も有名ですが、以下、引用してみますね。

あどけない話

智恵子は東京に空が無いという
ほんとの空が見たいという
私は驚いて空を見る
桜若葉の間に在るのは
切っても切れない
むかしなじみのきれいな空だ
どんよりけむる地平のぼかしは
うすもも色の朝のしめりだ
智恵子は遠くを見ながら言う
阿多多羅山の山の上に
毎日出ている青い空が
智恵子のほんとの空だという
あどけない空の話である。

「青い空」は、実にさまざまな形で詩化されていますね。星や木や水もそうですが、空が与えてくれる恩恵の大きさに、今さらながらに驚かずにはおれません。「青い空」は、心の糧でもある、そう静かに語りたい気分です。

秋は空が美しい季節でもあります。詩を書かないまでも、せめて空を眺めるゆとりくらいは持ちたいものです。


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

応援ありがとう♪

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ

アーカイブ

お気に入り(ブックマーク)に追加してくだい♪

キーボードの「Ctrl」と「D」を同時に押してから「完了(追加)」ボタンをクリックしてください。「美しい言葉.com」を「お気に入り(ブックマーク)」に追加できます。