風花未来が、優れた詩や偉人の名言など、言葉(日本語)の力を再発見。「Web文章の書き方(ライティング)講座」を連載中。

menu

美しい言葉

「たゆたう」時を愉しむ。【美しい日本語】


「美しい日本語」というカテゴリを設けたのですが、なかなか記事が書けませんでした。「美しい日本語」に関する本は多数出版されていますし、そういうネタ本から引っ張り出せば、容易に書けるでしょう。しかし、それでは味気ないし、気が乗りません。

そこで、今回は私自身が思い入れのある「美しい日本語」をご紹介しましょう。

それは「たゆたう」です。

大辞林は「たゆたう」を以下のように説明しています。

(1)物がゆらゆら動いて定まらない。ただよう。
 
「波間に―・う小舟」

(2)心が動揺する。ためらう。

「父はあまりの事に、しばし―・ひしが/うたかたの記(鴎外)」「今は逢はじと―・ひぬらし/万葉542」

〔終止形・連体形は「たゆとう」とも発音される〕

「たゆたう」を現在、「ためらう」という意味で使う人はまれだと思います。

私の場合は、「ゆらゆらと漂っている」という意味で、ある状態を表現したいのです。

例えば、「たゆたう時を、しばし味わう」とか。

効率化を追い求めるあまり、日常では、何の目的も持たない、ぼんやりとした時間が極めて少ないのです。そうした慌ただしい日々の中で、ゆらゆらと揺れている、ふんわりとした時間を味わうことは、かなり贅沢な楽しみだと感じます。そこで「楽しみ」ではなく、「愉しみ」と表記したいのです。

「たゆたう時を愉しむ」と書くと、私的には、しっくりくるのですが、いかがでしょうか。

美しい日本語は、骨董品のように飾っておくのではなく、日常から積極的に使いたいものですね。

今後、ご紹介する日本語も、その使い方についても、ごいっしょに考えてゆきましょう。


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (1)

    • ことのは
    • 2014年 5月 27日

    渡 麻那美さま

    メールアドレスにタイプミスがあったのか、当方からメールをお送りできませんので、再度、正式なメルアドを送信してください。

    よろしく、お願いします。

    風花未来より

アーカイブ

お気に入り(ブックマーク)に追加してくだい♪

キーボードの「Ctrl」と「D」を同時に押してから「完了(追加)」ボタンをクリックしてください。「美しい言葉.com」を「お気に入り(ブックマーク)」に追加できます。