風花未来が、優れた詩や偉人の名言など、言葉(日本語)の力を再発見。「Web文章の書き方(ライティング)講座」を連載中。

menu

美しい言葉


初心者の文章を読むと、かなり気になるのが、接続詞が多すぎることです。

「接続詞の多用をつつしむこと」は、文章作法の基本中の基本。「良い文章には接続詞は必要ない」という人もいるくらいです。

接続詞は、6種類に分類できます。

1)順接

2)逆説

3)説明・補足

4)並列・累加

5)対比・選択

6)転換

詳しい解説は、以前ご紹介しました「原色シグマ新国語便覧―ビジュアル資料 (シグマベスト)」をご覧ください。インターネットでも調べられますが、体系的に読める本を一冊持っておいた方が良いかと思います。

口語文法は学んだ方がいいですか?

さまざまな働きがある接続詞ですが、実際に文章にしてみますと、削除しても意味が通る場合が多いのです。そういう時は、接続詞は書かないようにします。すると、文章がスッキリし、リズムも良くなるのです。

「しかし」「そして」などは、ひんぱんに使いがちですが、削った方が良い場合の方が多いので、気を付けてください。

ただし、接続詞がないと、意味が通らない場合もあります。また、接続詞の使用によって、リズムが生まれたり、訴求力がアップする場合があることも忘れてはいけません。

美しい日本語で書かれた作品をまとめました。


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

お気に入り(ブックマーク)に追加してくだい♪

キーボードの「Ctrl」と「D」を同時に押してから「完了(追加)」ボタンをクリックしてください。「美しい言葉.com」を「お気に入り(ブックマーク)」に追加できます。

アーカイブ