風花未来が、優れた詩や偉人の名言など、言葉(日本語)の力を再発見。「Web文章の書き方(ライティング)講座」を連載中。

menu

美しい言葉

小椋桂「この空の青さは」の永遠なる純粋。


この写真を知っている人、いるでしょうか?

CDのジャケットです。

今日、このアルバムの中の1曲を繰り返し聞いていました。

今日の東京の空は晴れ渡っていました。冷え込みはきつかったのですが、空の青さに、どれくらい気持ちが救われたことか。

私が聞いていたのは、小椋桂の「この空の青さは」という曲です。

サビの部分は、こんな歌詞。

あああ それにしても

この空の青さはどうだ

この雲の白さはどうだ

だだだだだだだだだだ

僕はもう逃げない

だだだだだだだだだだ

君が待っている

伝わりますかね。やっぱり、歌を聞かないと、わからないでしょうか。

この「彷徨」というアルバムは小椋桂のデビューアルバムです。純粋というか、初々しいというか、処女作ならではのみずみずしい透明感が、時代を超えて感動を呼びます。原点にしかない、唯一無二の輝きがあります。

小椋桂の隠れ名曲はこちらから、どうぞ⇒この空の青さは

美しい日本語で書かれた作品をまとめました。


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

お気に入り(ブックマーク)に追加してくだい♪

キーボードの「Ctrl」と「D」を同時に押してから「完了(追加)」ボタンをクリックしてください。「美しい言葉.com」を「お気に入り(ブックマーク)」に追加できます。

アーカイブ