風花未来が、優れた詩や偉人の名言など、言葉(日本語)の力を再発見。「Web文章の書き方(ライティング)講座」を連載中。

menu

美しい言葉

CATEGORY文章の書き方

言葉に深く関わろうとした理由

風花未来は、2011年6月15日から「言響(こだま)プロジェクト」を開始しました。 当初の「言響プロジェクト」は、言葉の力を再発見し、言葉の底力を活かす文章の書き方を学んでゆく試みでした。 現在は「風花言響」として生まれかわりま…

表記の統一と「日本語表記ルールブック」の必要性

「文章の書き方」「文章作法」「ライティング術」などの本を読みますと、必ず載っているのが「表記の統一」という項目です。 例えば、以下の文章を読んでみてください。どなたかが風花未来を紹介してくれているという設定です。 風花未来さんは、201…

二重表現(重複表現)に気をつける

このコーナーでは「文章の基本ルール」についてお伝えしています。「今さら誰も教えてくれないこと」「今さら誰にも聞けないこと」などが多く出てくることでしょう。つまり、知っておくべきことなのに、意外と多くの人が知らない、間違えていることが、たくさ…

「体言止め」の長所・短所

体言とは名詞や代名詞などのこと。この体言で文を終えることを「体言止め」と呼びます。 文章の出来不出来を、プロとアマとで比較しますと、もっとも顕著にあらわれるのが、文章のリズムです。文章を心地よいリズムで書くには、語尾の変化が重要。語尾…

カタカナ語の使い方に注意

カタカナ語の使い方にも注意が必要です。 例えば、「コピーライター」という言葉。日本語に直すと「広告文案家」となります。この場合は、日本語の方が意味はわかりやすいですが、コピーライターの方が一般的に流布していますので、コピーライターと表…

接続詞はなるべく使わない

初心者の文章を読むと、かなり気になるのが、接続詞が多すぎることです。 「接続詞の多用をつつしむこと」は、文章作法の基本中の基本。「良い文章には接続詞は必要ない」という人もいるくらいです。 接続詞は、6種類に分類できます。 1)…

ら抜き表現(言葉)と可能動詞

「出れる」「見れる」「食べれる」といった、いわゆる「ら抜き表現(言葉)」は、公性を重んじる企業サイトや公式サイトなどはもちろん、やはり、個人メディアであるブログにおいても、使わない方が良いでしょう。 妙にくだけた感じになるだけでなく、…

音は光、言葉は星。

今回のタイトルは「音は光、言葉は星」です。 そんな言葉は聞いたことがないかと思います。なぜなら、私が創った表現だから(苦笑)。 アイフォンを買ったのですが、疲れた時に、横になって音楽を聴く時だけに使っています。 先日、電気…

自分の言葉を持つことの意味

文章を読んで、意味はしっかりと書かれているし、情報としても間違っていないのに、面白みに欠けるブログを多く見かけます。 いろんな原因があると思うのですが、ブログが面白いか、面白くないかは、ブロガーが自分の言葉を持っているかどうかで決まる…

声に出して読みたい、書き写したい名文が集められた本のまとめ

文章力アップのためには、優れた言葉の組み合わせがかなえられている、いわゆる「名文」をたくさん読み、また繰り返し読む必要があります。これぞ、と感じた名文を書き写せば、さらに効果は大きくなることは間違いありません。 しかし、若い時に読書習…

さらに記事を表示する

カテゴリー

アーカイブ