風花未来が、優れた詩や偉人の名言など、言葉(日本語)の力を再発見。「Web文章の書き方(ライティング)講座」を連載中。

menu

美しい言葉

あなたはそんなにパラソルを振る


中原中也の「別離」という詩を、毎年、数回は想いだします。青春期に愛した詩だからでしょうか。

最初の部分を、少し長いのですが、引用していますね。

さよなら、さよなら!
いろいろお世話になりました
いろいろお世話になりましたねえ
いろいろお世話になりました

さよなら、さよなら!
こんなに良いお天気の日に
お別れしてゆくのかと思ふとほんとに辛い
こんなに良いお天気の日に

さよなら、さよなら!
僕、午睡[ひるね]から覚めてみると
みなさん家を空(あ)けておいでだつた
あの時を妙に思ひ出します

さよなら、さよなら!
そして明日(あした)の今頃は
長の年月見馴れてる
故郷の土をば見てゐるのです

さよなら、さよなら!
あなたはそんなにパラソルを振る
僕にはあんまり眩[まぶ]しいのです
あなたはそんなにパラソルを振る

さよなら、さよなら!
さよなら、さよなら!

何だか、明るい調子で歌っているようですが、実は、中原中也の哀しみは、極限に達していたらしい。中原中也ならではの道化節なのですね。

この奇妙な明るさにこそ、中原中也の詩の本当の魅力があると私は思っています。名作「一つのメルヘン」も、異様なほど明るい幻視の世界が描かれています。「別離」とは話法がまるで違うのですが「奇妙な明るさ」は共通しています。

失望と悲嘆の果てに、たどりついた「奇異な明るみ」が、「別離」の道化であり、「一つのメルヘン」の幻想に他なりません。

さて、この「別離」の一節で、ふと口ずさんでしまうのが「あなたはそんなにパラソルを振る」というフレーズです。鮮明なイメージが浮かび上がります。

美しい日本語で書かれた作品をまとめました。


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

お気に入り(ブックマーク)に追加してくだい♪

キーボードの「Ctrl」と「D」を同時に押してから「完了(追加)」ボタンをクリックしてください。「美しい言葉.com」を「お気に入り(ブックマーク)」に追加できます。

アーカイブ