映画「サラリーマン専科」は、1995年12月23日公開の日本映画。

 

監督は山田洋次かなと思いつつ、ちょっと違う気がしたのだが、朝原雄三だった。

 

朝原雄三は長いこと山田洋次の助監督をつとめていたので、映画には山田テイストが反映していることは確かだ。

 

この映画の主人公は、三宅裕司が演じる、しがない庶務課長である。

 

だが、ひときわの輝きを放っている俳優がいた。それは、加勢大周

 

到底、演技派とはいえないはずの二枚目俳優が、この映画では、特異なキャラを物の見事に演じ切っている。

 

イノセントと呼ぶべきキャラ、つまり、世間ずれしていない、処世術など全く知らない、純粋な青年を、ごく自然に演じていた。

 

裕木奈江にプロポーズするシーンは、泣けるほどだ。

 

こういう青年が、この世にいてくれる、そう思うだけで心が癒される。

 

この加勢大周のおかげで、この映画には深みが生まれ、味わいが生まれ、光るものがプラスされた。

 

そのため、単なる喜劇では片づけられない、名作と呼びたくなるようなサムシングのある映画になっている。

 

キャスティングを点検すると、まったく無駄がない。ベテラン俳優たちが、自分に与えられた役を、きっちりこなしている。

 

以下、キャストをあげておくが、一人欠けても映画が成立しないくらい、脇役まで、しまった演技を見せてくれていて、確かな「芸」を堪能できる。

 

三宅裕司

田中好子

田中邦衛

裕木奈江

加勢大周

小林克也

斎藤陽子

南田洋子

西村晃

 

実はこの映画、私が鑑賞するのは、3回目である。何度見て、飽きないで最後まで楽しめるのだ。

 

この「サラリーマン専科」は、日本映画の確かな収穫であり、貴重な喜劇映画の名作なのである。

(Visited 6 times, 1 visits today)