風花未来が、優れた詩や偉人の名言など、言葉(日本語)の力を再発見。「Web文章の書き方(ライティング)講座」を連載中。

menu

美しい言葉

山本周五郎の小説「雨あがる」を読んだ感想。

山本周五郎の短編小説集「おごそかな渇き」の中に収録されている「雨あがる」を興味深く読みました。

おごそかな渇き改版 (新潮文庫) [ 山本周五郎 ]

懐かしい。山本周五郎は、私の文章修業における師匠でもあります。20代の頃、山本周五郎の小説を耽読しながら、気に入った表現を大学ノートに夢中で書き写していた時代が懐かしい。

甘酸っぱく、また塩辛い、文学青年時代が鮮やかによみがえります。

さて、今回読んだ「雨あがる」の感想ですが、あまり書くことがありません。

山本周五郎という作家が描き出したい人物像、つまり、世の中と折り合いがつかないけれども、自分の信念や価値観を曲げない、純粋な生き方を貫いている人間が、生き生きと書かれていました。

「雨あがる」は映画化もされていて、先日、その感想を書いたのです。

こうした人物は、山本周五郎にはたくさん出てくるので、珍しくはありません。

ただ、その描き方が、素晴らしい。

素晴らしいという意味は、いつも新鮮な発見があるということではなく、むしろ、ワンパターン、マンネリ化の美学が味わえること、それが貴いのです。

書き方が、描き方に、浮ついたところが微塵もない。地に足がピタリとついて、着実に、淀むことなく、しかも、上滑りすることなく、温かい筆致で描出されています。

そういう意味で、文章が素晴らしいのです。

人物造形がうまいだとか、比喩が巧みだとか、そういうこともあります。ただ、それよりも何よりも、山本周五郎の美意識(人生哲学)とぴったり重なる人物像が、山本周五郎自身が呼吸するように、自分の歩幅で歩行するように、ごく自然に描き出されていることに驚嘆せざるをえません。

生きることと文章道とが同一になるまで、山本周五郎は小説道を極めた。それが、じんわりと、そして強烈に、こちらに伝わってくる、それが嬉しいと素直に感じました。

大いなるワンパターン、気高いマンネリズムにこそ、山本周五郎文学の醍醐味があると、あえて主張したいのです。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

アーカイブ

お気に入り(ブックマーク)に追加してくだい♪

キーボードの「Ctrl」と「D」を同時に押してから「完了(追加)」ボタンをクリックしてください。「美しい言葉.com」を「お気に入り(ブックマーク)」に追加できます。

応援、ありがとう♪

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ