風花未来が、優れた詩や偉人の名言など、言葉(日本語)の力を再発見。「Web文章の書き方(ライティング)講座」を連載中。

menu

美しい言葉


「言響(こだま)プロジェクト」の「言響letter」でお送りした「文章の基本ルール」について、このカテゴリでは解説しています。
今回のテーマは、「さ入れ表現」と「二重敬語」です。

文章作法で難しいのが、敬語です。中でも、「文章の書き方」を学んだことがない人が陥りやすいのが、「さ入れ表現」と「二重敬語」。

以下、「さ入れ表現」と、修正後の例をあげてみます。

「行かせていただく」→「行かせていただく」

「歌わせていただく」→「歌わせていただく」

「送らせていたたく」→「送らせていただく」

また、以下では「二重敬語」と、修正後の例をあげてみましょう。

「ご覧になられました」→「ご覧になりました」

「お見えになられました」→「お見えになりました」

「おっしゃられました」→「おっしゃいました」

いかがでしょうか。丁寧に語ろうとして、二重敬語になってしまうと、「馬鹿丁寧」というか、「慇懃無礼」な感じになって、逆に失礼となりますので、ご注意ください。

美しい日本語で書かれた作品をまとめました。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

お気に入り(ブックマーク)に追加してくだい♪

キーボードの「Ctrl」と「D」を同時に押してから「完了(追加)」ボタンをクリックしてください。「美しい言葉.com」を「お気に入り(ブックマーク)」に追加できます。

アーカイブ