風花未来が、優れた詩や偉人の名言など、言葉(日本語)の力を再発見。「Web文章の書き方(ライティング)講座」を連載中。

menu

美しい言葉

「やおら」と「やにわに」の使い方を間違えていませんか?


「間違いやすい日本語」のコーナー、久しぶりに行ってみましょう。

今回とりあげるのは「やおら」です。

以下の使い方は、どちらが正しいでしょうか?

1)彼女は僕を見つけると、やおら逃げ出した。

2)彼女はやおら立ち上がり、静かにその場をあとにした。

いかがでしょうか?

正解は2番目ですよ。

「やおら」は、ゆっくりと動作を起こすこと。「ゆっくりと」「おもむろに」という意味で使うのが正しい。

しかし、平成18年度の文化庁の調べによると「やおら」を「急に」「いきなり」の意味で使う人が、半数近くいることが判明しました。

おそらくは「やにわに」という言葉と混同しているせいでしょうね。

「やにわに」は「ただちに」「たちどころに」、また「だしぬけに」「突然」「いきなり」の意味で使われます。

繰り返します。

「やおら」は「ゆっくりと」「おもむろに」という意味で使うのが正しいのです。

「急に」「いきなり」の意味では、「やにわに」を使うのが正しいので、この機会にご確認くださいね。

 

美しい日本語で書かれた作品をまとめました。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

お気に入り(ブックマーク)に追加してくだい♪

キーボードの「Ctrl」と「D」を同時に押してから「完了(追加)」ボタンをクリックしてください。「美しい言葉.com」を「お気に入り(ブックマーク)」に追加できます。

アーカイブ