風邪をひいて寝込んでいたが、夜中にめざめると、言葉がふいに出てきたので書きとめてみた。

 

夕空

 

夕焼けの空を鳥の群れが飛んでいる

ひっそりと世界は静まりかえっている

 

うめき声をが静寂を破った

いま、うめいたのは誰だ

 

遠い昔

ひとりの少年が

いまと同じように

夕空を見上げていた

 

鳥たちはあの時とおんなじだ

しかし、私は変りはてている

 

泣いている。

誰かが泣いている。

泣いているのは、誰だ。

 

なぜ、鳥たちと同じように

あの時のままでいられなかったのか

 

変らないということは

変らないということは

 

静かだ

なんという静かさだろう

 

夕焼けの空に

鳥の群れが円を描いている

 

(Visited 29 times, 1 visits today)