風花未来が、優れた詩や偉人の名言など、言葉(日本語)の力を再発見。「Web文章の書き方(ライティング)講座」を連載中。

menu

美しい言葉

愛語(あいご)も美しい日本語の一つに


愛語(あいご)」という言葉をご存知でしょうか。日常ではほとんど使われていませんが、意味を知ると、その美しさゆえに、日ごろから使いたくなる、極めて貴重な言葉です。

愛語とは、仏教から来た言葉です。亀井勝一郎氏は「愛語」を「私をささえた一言」として、すすめています。

大辞林は「愛語」を「仏道に導くため、親しみの気持ちを抱くような心のこもった言葉をかけること」と説明。

仏教から離れ、私たちの日常生活で「愛語」はどんな言葉かと言いますと、意図的ではなく、「おだいじに」とか、「ごきげんいかがですか」とか、「ごくろうさん」とか、心がこもっているがゆえに、ごく自然に出てきた言葉なのです。

亀井勝一郎氏は次のように「美しい言葉」について、述べています。

私は人間の使うことばの中で最も美しいことばは、ひとをいたわることばだと思っている。

確かに、人をいたわり、自然と口から出る言葉は、美しいですね。その言葉が独立して美しいということではなく、愛情をこめて話された時に、その言葉は輝くのだと思います。

NHKの「美しい言葉」アンケートの結果、上位を占めたのは、ほとんどが「あいさつ言葉」でした。それらは、心を込めて使われる時、まさに「愛語」としての美しさを放つからなのでしょう。

ともすれば、人間関係がぎくしゃくしがちな現代。ふだんから、愛語を使う練習、つまり、心を込めて言葉を使うように心がければ、かなり人間関係は改善されるのではないでしょうか。

美しい日本語で書かれた作品をまとめました。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

お気に入り(ブックマーク)に追加してくだい♪

キーボードの「Ctrl」と「D」を同時に押してから「完了(追加)」ボタンをクリックしてください。「美しい言葉.com」を「お気に入り(ブックマーク)」に追加できます。

アーカイブ