風花未来が、優れた詩や偉人の名言など、言葉(日本語)の力を再発見。「Web文章の書き方(ライティング)講座」を連載中。

menu

美しい言葉

戸川幸夫「爪王」を読んでみてください。


もう紙の本は買うまいと誓ったのですが、どうしても気になったので、戸川幸夫の「爪王(つめおう)」をアマゾンで注文してしまいました。

本が届いたので、さっそく、読了⇒高安犬物語/爪王 (地球人ライブラリー)

感想は一言に尽きます。「ぜひ、この小説を読んでください」、そう叫びたい。


鷹匠との交流を描いているのですが、特筆すべきは、現代文学が、いや、現代社会が忘れ去ろうとしている極めて大事な真実が、活写されていることです。

この小説の中に込められた、感傷を排した深い運命愛に、魂レベルで共振できた、そのことに感謝したい。

緊張感のある文体は研ぎ澄まされ、鋭利な刃物をほうふつとさせるとともに、時おり挿入される自然描写は、神々しいまでに輝いていました。

描写に感傷という名の曇りがなく、厳しい自然界の掟(おきて)をリアルに映し出している、同時に、背後に生命愛が伏流水のようにあふれているからこそ、「爪王」の世界を、人は愛おしく感じるのでしょう。

この本には、読みやすくするために、豊富な注釈がつけられています。この得難い名作を読み継ぎ、語り継いでゆくための定本と呼んで良いかと思います。

「爪王」にある、厳しい修練、無言の愛から、明日への希望を見い出せる予感がする、そう言いたい気持ちを、おさえかねているところです。

美しい日本語で書かれた作品をまとめました。


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

お気に入り(ブックマーク)に追加してくだい♪

キーボードの「Ctrl」と「D」を同時に押してから「完了(追加)」ボタンをクリックしてください。「美しい言葉.com」を「お気に入り(ブックマーク)」に追加できます。

アーカイブ