風花未来が、優れた詩や偉人の名言など、言葉(日本語)の力を再発見。「Web文章の書き方(ライティング)講座」を連載中。

menu

美しい言葉

「体を成す」の「体」の正しい読み方は「てい」か「たい」か。


私自身、これ、間違えていました(汗)。

正解は「たい」体を成す」は「たいをなす」と読む。

「体を成す」という時の「体」は、まとまった形になるという意味。

「論文の体を成していない」「会議の体を成していない」など、しばしば、否定形で使われます。

「体を成す」を「ていをなす」と読み間違えている人は意外と多いのではないでしょうか。

「体」は「てい」とも読む場合もあります。

「世間体」は「せけんてい」と、「体裁」は「ていさい」と読むのが正解です。

そのために、ついつい「体を成す」を「ていをなす」と読んでしまうのでしょう。

繰り返します。「体を成す」は「たいをなす」と読むのが正しいのです。

美しい日本語で書かれた作品をまとめました。


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

お気に入り(ブックマーク)に追加してくだい♪

キーボードの「Ctrl」と「D」を同時に押してから「完了(追加)」ボタンをクリックしてください。「美しい言葉.com」を「お気に入り(ブックマーク)」に追加できます。

アーカイブ