映画「15時17分、パリ行き」は、クリント・イーストウッド監督作品。

 

実際に起きた事件を映画化するとともに、事件に遭遇した本人である3人を役者として起用したという異色の映画である。

 

 

「15時17分、パリ行き」(The 15:17 to Paris)は、2018年に公開されたアメリカ映画。2015年8月21日に高速鉄道タリス内で発生したタリス銃乱射事件と事件に立ち向かった3人の若者を描く。主演の3人は、実際にタリス銃乱射事件に巻き込まれた3人を本人役として起用している。

 

実際に起きた事件をもとに制作されているので、いつものクリント・イーストウッド監督映画にある、クリント・イーストウッド節は影をひそめているようだ。

 

しかし、少年期に辛い体験をもつ三人の青年が、勇敢な行動をとり、讃えられたというストーリーは、クリント・イーストウッドの人生肯定感を表現するのにはふさわしい。

(Visited 13 times, 1 visits today)