カテゴリー:矢口史靖
ホームPage 1 / 11

矢口史靖監督の映画を粘り強く鑑賞中。

これまで矢口監督の映画で見た作品を、年代順に並べると以下のとおり。

アドレナリンドライブ (1999年)

ウォーターボーイズ (2001年)

パルコ フィクション(2002年)

スウィングガールズ (2004年)

ハッピーフライト (2008年)

ロボジー (2012年)

WOOD JOB! 〜神去なあなあ日常〜(2014年)

今日取り上げるのは「アドレナリンドライブ」です。

この記事の続きを読む

カテゴリー
タグ

矢口史靖監督の映画「ウォーターボーイズ(2001年)」「スイングガールズ(2004年)」に感動したので、続けて矢口フィルムを見ている。

パルコ フィクション(2002年)

ハッピーフライト (2008年)

ロボジー (2012年)

脱力感を覚えざるをえないのですが、邦画の映画監督で期待できるのはほんの数人しかいないので、ここは粘り強く感想を書いてみたいと思います(汗)。

今回は「ハッピーフライト」の感想です。

エンタメ要素のテンコ盛りという映画づくりの方法は、「ハッピーフライト」にも鮮明に見てとれます。

しかし、それが、この「ハッピーフライト」では裏目に出てしまいましたね。

キャピンアテンダントの卵の成長物語としては弱いし、エアパニック映画でもっと面白い映画はたくさんあります。

「ウォーターボーイズ」と「スイングガールズ」に共通していた、みんなで力を合わせて1つの目標を達成しようという設定も「ハッピーフライト」では、目標自体に面白み、新鮮味がなかったのです。

映画としての強烈なテーマがないので、見終わった後にほとんど何も残りません。そういう娯楽作品ならば、ワイド版のテレビドラマで充分ですよ。

「男子高校生のシンクロ」「女子高校生にようるビッグジャズバンド」という圧倒的なアイデアの輝きがないので、バラエティー・ドラマのような中途半端な映画になってしまいましたね。

決してダメダメなB級映画ではありませんが、矢口史靖監督には、ほどほどに面白い映画は私は期待していません。

スポンサーや興行などの関係で制約は多いのは想像できますが、何とか、もっと透徹感のある映画を作ってほしいと切に願います。

次回は「ロボジー」の登場ですよ。

カテゴリー
タグ

新しめの映画は滅多に紹介しないのですが、2000年以降の邦画にも侮れない作品はないわけではありません。

今回取り上げる、矢口史靖やぐちしのぶ)監督の「ウォーターボーイズ」は、映画の素晴らしさを思い出させてくれます。

矢口史靖監督作品で私が初めて見たのは「スウィングガールズ」でした。その面白さに度胆を抜かれたにもかかわらず、なぜか、その後、矢口史靖の映画に触れなかったのです。

今回は、偶然、You Tubeで「スウィングガールズ」を見て感動し、これはもう、他の作品も見るしかないと思って、レンタルショップに直行したのでした。

で、矢口監督の出世作であり代表作として評価が高い、「ウォーターボーイズ」から鑑賞することにしました。

矢口史靖って、何と欲張りな映画監督なのだろう。「ウォーターボーイズ」の中には視聴者を楽しませる仕掛けが、最初から最後までギッシリと詰め込まれていました。

こんなに入れ込まなくても良いと思うのですが、このテンコ盛りエンターテイメントが、矢口映画の真骨頂なのでしょう。

それにしても、この矢口史靖監督は、実にセンスが良いですね。タイミングの取り方が絶妙なので、テンポが良く、視聴者を一瞬たりとも飽きさせません。

そして、これまでの映画に足りなかった部分、とことん明るく、とことん元気になれる、底抜けの映像パワーを見る者に惜しげもなくプレゼントしてくれます。

これほどまでに突き抜けた陽性の才能は、日本映画には今まで存在し得なかったのですね。

邦画を語る時、昔の映画は凄かったという言葉が思わず口をついて出てしまうのですが、そういうネガティブな邦画観は、矢口史靖監督の出現により、薄れてゆくのではないかと感じるほど、「ウォーターボーイズ」は、実に面白い映画でした。

カテゴリー
タグ
ホームPage 1 / 11