風花未来が、優れた詩や偉人の名言など、言葉(日本語)の力を再発見。「Web文章の書き方(ライティング)講座」を連載中。

menu

美しい言葉

文章力をアップさせる1分間トレーニングとは?


最近、電子書籍にハマっています。電子書籍を読むには端末が必要です。私の場合は、スマホのiPhoneと電子書籍リーダーのKindleの両方を使い分けています。

自分でも意外な発見があったので、それについて語りたいと思います。

目が疲れないという観点からは、Kindleがオススメです。しかし、読書の習慣が身についていない人には、電子書籍リーダーはあまりプッシュできないと感じています。

なぜかと言いますと、電子書籍リーダーは、タブレットよりも、ひとまわり小さく、スマホとタブレットの中間の大きさで、フットワークの軽さでは、スマホに遠く及ばないから。

どこでも素早く取り出せて、パッと読む、そういうクイックリーな手軽さこそ、現代のような忙しい時代には求まられているのではないでしょうか。

電子書籍リーダーを買うのは、スマホ読書に慣れてきて、もっと長い時間、読書したいという欲求が強くなってからで良いでしょう。

文章力アップに不可欠なのは、文章を読むことです。文章を読まない人が、良い文章を書くことはありえません。

いきなり、読書習慣をつけましょうといっても、無理があります。いきなり高いハードルを前にしたら、人は怖気づいてしまうでしょう。

ですから、まずは、スマホで、毎日、1分間は必ず読書する習慣をつけてください。毎日つづけていれば、それは必ず習慣になります。

iPhoneならば、どのストアで電子書籍を購入しても、アプリをインストールすれば、読めます。その点が大きい。

Kindleしか持っていないと、Kindleで買った電子書籍しか読めません。

その意味からも、読書習慣のない人は、スマホのiPhoneか、Androidで、電子書籍を読み始めてください。

電子書籍はどの端末で読めば良いかについて語りました。では、どのストアで電子書籍は買えば良いのでしょうか?

私がよく買うのはここ⇒1分で大切なことを伝える技術

楽天で電子ブックを買いますと、iPhoneでは読めないので、Kindleストア以外ですと、上のBookLive!が使いやすいと思います。

上のリンク先の「1分で大切なことを伝える技術」には、実に面白いことが書かれておりました。

スマホの1ページに表示される文章を音読するるのに要する時間は、1分間くらいだそうです。

その意味でも、1分間の読書トレーニングに、スマホは打ってつけの端末だと言えるでしょう。

美しい日本語で書かれた作品をまとめました。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

お気に入り(ブックマーク)に追加してくだい♪

キーボードの「Ctrl」と「D」を同時に押してから「完了(追加)」ボタンをクリックしてください。「美しい言葉.com」を「お気に入り(ブックマーク)」に追加できます。

アーカイブ