音楽

ファヨビ(Hwayobi )& テハ(Tae Ha) Stay With Me

最近、続けて見ているのが、BSジャパンの「ミュージックバンク」。

「ミュージックバンク」は韓国KBSが放送している音楽番組で、現在では日本を含む、世界72カ国で生放送されています。

しかし、毎週出てくるのは、人気のボーイズ・グループやガールズ・グループがほとんどで、私が聴きたい、バラードやR&Bなどの実力派歌手には滅多にお目にかかれません。

かといって、有料放送を契約する経済的な余裕がないので、ひたすらYouTubeでチェックすることになります。

偶然ですが、発見したデュエット曲が素晴らしかったのでご紹介。

歌っているのは、キム・ボムスの弟子であるテハ(Tae Ha)とナンバーワン女性ボーカルと評価する人もいるパク・ファヨビ(Hwayobi)

これが、そのデュエット曲「一緒にいてくれ(Stay With Me)」。

ファヨビのデュエットはかなり聴いてきましたが、その頂点といっていいかと思います。

それにしても、テハの声のいいこと。若いのに、穏やかに、ここまで抑えて、温かみが表現できるとは、驚愕ですね。

こういう良質な楽曲はあまり売れないのだろうと思ったら、このシングルアルバム「一緒にいてくれ(Stay With Me)」は、2011年2月発売当初から各種オンラインのリアルタイム音源チャート1位を独占したというから驚きです。

この曲はこちらのアルバムに収録されています。韓国音楽(K-POP)というとアイドルグループ歌手たちに席巻されているかというと、そうでもないらしい。

テレビなどで派手に扱われるのは、アイドル歌手だけれども、一方では「聴かせる歌手」を尊重する良心があることには、頭が下がる思いです。

実際にていねいにYouTubeで聴き込んでゆくと、若手でも歌唱力や感性に優れたシンガーが韓国には相当数いることがわかります。このブログでは、そうした「聴かせてくれる歌手」を、折に触れ、ご紹介してゆきますね。

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP