今日は、YNさんからいただいた「美しいと感じる言葉」をご紹介しましょう。

 

かしこまりました

 

さようでございますか

 

申し訳ございません

 

 

 

言葉が乱れる時、人心も乱れると言いますが、確かに、そういうことはあると思いますね。

 

敬語を正しく使えないということは、人と人との関係性を、良好に保ちにくいことにつながります。

 

かしこまりました」「さようでございます」「申し訳ございません」は、いずれも非常に美しい言葉です。なぜ美しいと感じるか?

 

それはきっと、これからの言葉を上手に使えば、人の心をやわらげ、人との関わりを和やかにできるからではないでしょうか。

(Visited 7 times, 1 visits today)