風花未来が、優れた詩や偉人の名言など、言葉(日本語)の力を再発見。「Web文章の書き方(ライティング)講座」を連載中。

menu

美しい言葉

山田太一「秋の一族」で原田知世が光っていた件


山田太一が脚本を担当した、NHKの一族シリーズ。これまで「春の一族」「夏の一族」をご紹介しました。

今回は「秋の一族」を取り上げます。「冬の一族」は制作されませんでしたので、これが一族シリーズ、最後のレビューとなります。

秋の一族-全集-全3話収録 [DVD]

鑑賞してから、やはりすぐに感想を書かないといけませんね。印象が日ごとに薄れてゆきます。

厳しい言い方をしますと、この「秋の一族が」最も低調な作品です。低調という意味は、全体にちぐはぐな感じがして、ドラマとして、のけぞるほどの魅力はありません。

もちろん、そこここに山田太一的な巧さはあります。一人ひとりの俳優さんたちは、頑張っていることは間違いありません。

しかし、全体として響き合っていないのですね。

特に、 大鶴義丹の大根ぶりと、岸恵子がどうしても浮いてしまっていて、山田太一ドラマとしては、珍しく凡作となっています。

緒方拳の出演しているNHKドラマとしては「タクシー・サンバ」があり、これが傑作なので、どうしても「秋の一族」は見劣りがします。

もう、ドラマとしての熟成感や完成度は捨てて、緒方拳、藤岡琢也の個人技を楽しむという方向もあるかもしれません。

個人の俳優ということでは、大鶴義丹の妻を演じた原田知世が、いい味を出していました。妊娠中の能天気な若妻役を好演。ひょっとしたら、もっとも光っていたのは、原田知世かもしれません。若い人向けの連続ドラマとかでは、この原田知世の味は出てきません。大鶴義丹と正反対な性格という設定は効いていました。

凡作といえども、そこはそこ、山田太一です。水準以下なわけがなく、もちろん、一度は見ておく価値はあります。

美しい日本語で書かれた作品をまとめました。


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

お気に入り(ブックマーク)に追加してくだい♪

キーボードの「Ctrl」と「D」を同時に押してから「完了(追加)」ボタンをクリックしてください。「美しい言葉.com」を「お気に入り(ブックマーク)」に追加できます。

アーカイブ