映画「デッド・ゾーン」は、一言で評すると、傑作です。

 

スティーヴン・キングの小説を映画化した作品は多数ありますが、比較的に良作が多いという特徴があります。その中でも、この「デッド・ゾーン」は特に優れていると言えるでしょう。

 

スティーヴン・キングの同名小説をはじめに読みました。その後に、映画「デット・ゾーン」を鑑賞。

 

どちらが良いかと質問されたら、返答に窮するほど、両方とも面白いのです。

 

スティーヴン・キングの文章力はすさまじいものがあります。映画は、ラストシーンが特に素晴らしい。

 

読んでから見ても、見てから読んでも、どちらも存分に楽しめると思います。

 

「デッドゾーン」(原題:The Dead Zone)は、1983年にデヴィッド・クローネンバーグが監督したサスペンス映画。

 

原作は、スティーヴン・キングの小説「デッド・ゾーン」(原題:The Dead Zone)。

 

⇒小説「デッド・ゾーン」についての感想はこちらへ

 

【主な出演者】

 

クリストファー・ウォーケン ……ジョニー・スミス(主人公、高校教師)

ブルック・アダムス ……サラ・ブラックネル(主人公のフィアンセ)

トム・スケリット ……バナーマン保安官(主人公に「能力」を人のために役立てることを薦める)

ハーバート・ロム ……サム・ウイザック医師

アンソニー・ザーブ …… ロジャー・スチュアート(地方の有力者で、ジョニーの教え子の父親)

マーティン・シーン ……グレッグ・スティルソン(新進の政治家、ジョニーのビジョンでは世界を破滅に導く)

コリーン・デューハースト ……ヘンリエッタ・ダッド

ジャッキー ……バロウズ - ヴェラ

 

優れているはずです。以下の賞を受けているのです。

 

映画「デッド・ゾーン」賞歴

 

1984年第12回アボリアッツ・ファンタスティック映画祭

批評家賞受賞

黄金のアンテナ賞受賞

ヒッチコック・サスペンス映画賞受賞

1983年度第11回サターン賞

ホラー映画賞受賞

(Visited 29 times, 1 visits today)