風花未来が、優れた詩や偉人の名言など、言葉(日本語)の力を再発見。「Web文章の書き方(ライティング)講座」を連載中。

menu

美しい言葉

TomTom & IU – Slow Motion K-POPの底力

今聴いているK-POPについて書きたいと思うのですが、実は、韓国歌手のアルバムをまとめて買ったのは、つい最近です(かなり前にBoAのCDを2枚買ったことはあったのですが…)。

今年の3月28日から5月2日まで、入院生活を送りました。一度は退院したものの、ほうごうした部分から大量出血し、救急車で運ばれるという初経験も。

入院中は、iPhone 4に好きな曲を50曲ほど入れて、それを繰り返し聴いていました。
実はその中には、K-POPはなかったんです。

退院後は、体が動かないので、寝ている時間が多い。韓国ドラマは怖ろしく長いので、時間をつぶすには一番よいので、BSで見ていたんです。その韓国ドラマの挿入歌が気に入り、それから、K-POPにはまってしまいました。
入院前と入院後では、自分の中で大きな変化が起きたのですが、音楽の嗜好の変化もその一つ。

K-POPといっても、今ものすごい勢いのある、ガールズグループにはあまり興味がなく、聴いているのは、若手の女性ソロシンガーたちです。

パク・ファヨビは2000年デビューですから別格として、他には、IU、Navi、TomTom、Aliなどです。

今の韓国では、グループデビューが非常に多いし、レッスン期間がかなり長いんですね。
そうした環境下で、ソロシンガーとしてデビューできるいうことは、やはり何かを持っていないと無理なようです。

13歳で、彗星のようにデビューしたIUについて。
以下、Wikipediaからの引用。

2008年9月18日、中学校3年生の時に「迷子」でデビューする。当時、女性アイドルグループ流行に覆われて、本人いわく”静かな湖のような”穏やかな反応を得た。2010年にはスロン(2AM)とのデュエット曲「小言」でチャート1位を獲得し、12月には「良い日」でソロ曲としてチャート1位を獲得した。

そのIUが、実力派の若手ソロシンガーのTomTomと、名曲「Slow Motion」を歌っていますので、その動画をご紹介。

tomtom & IU – Slow Motion LIVE

Karina Pasianの「Slow Motion」も、ネットで聴けますが、それとはまた違ったテイスト(東洋の味?)を、かもしだしていて、充分に楽しめます。

IUはネットから多数のCDアルバムが購入できますが、TomTomのCDは入手できないみたい。早くアルバム(1集)を出してほしいものです。

IUの1集↓
IU 1集 - Growing Up(韓国盤)
IUのアルバムのレビューは、また後日に。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

アーカイブ

お気に入り(ブックマーク)に追加してくだい♪

キーボードの「Ctrl」と「D」を同時に押してから「完了(追加)」ボタンをクリックしてください。「美しい言葉.com」を「お気に入り(ブックマーク)」に追加できます。