映画「影なき声」は1958年に公開された日活映画。

 

 

監督は鈴木清順。主演は南田洋子二谷英明

 

原作は松本清張の小説「声」だが、珍しくハッピーエンドになっている。

 

序盤では「声」が効いているが、後半からは物語展開から「声」がほぼ消えてしまった。これはマズイのではないか。

 

役者たちだが、全体に芸達者が多いので、悪くはないが、芦田伸介という名俳優が台無しになってしまったのは残念だ。

 

南田洋子はその潜在能力を存分に発揮していた。二谷英明の安定した演技力が生み出す存在感は高く評価して良いと思う。

 

終盤の謎解きは、ややくどくどしくて、人間ドラマよりも推理の方に傾き過ぎていたのが、私にとってはマイナス点だった。

 

(Visited 58 times, 1 visits today)