風花未来の日記

喉の痛み対策に真夏でも「加湿器」を導入。

体温は37度。喉の痛み、たん、せきがあり、夏風邪はまだ続いています。

夜、どうしても眠れないので、またエアコンをつけてしまいました。睡眠をとれないよりは、はるかにマシですが、起床時に、喉が痛く、これが辛いのです。

そこで、思い切って、深夜から、「加湿器」をかけることにしました。

喉が痛むのは、エアコンにより、空気が乾燥するからでしょう。適度な湿度を保つのでありば、加湿器は威力を発揮するはずです。

ネットで調べたところ、真夏でも加湿器を使うことは間違いではないらしい。

すでに押し入れにしまってしまった加湿器を出し、深夜のために準備完了。

今夜から、加湿器を稼働させます。はてして、効果はどれくらいあるのでしょうか?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP