ライターの7つ道具

原稿の校正が快適になるデータホルダー【ライターの7つ道具】

今日から、新たなシリーズを開始します。ライターなど、文字を入力する作業をする人に役立つ、便利な道具をご紹介。タイトルは「ライターの7つ道具」としました。

その第1回目は、データホルダーです。データーホルダーという名前になじみのない人も多いかと思います。これはPCで原稿を書くのが当たり前になった時代だかこそ求められる道具であり、今や必需品といって良いかと思います。

SANWA SUPPLY DH-510 データホルダー(A4)

この道具は、どういう時に使うかと言いますと、私の場合は、プリントアウトした原稿に赤字を入れまして、その校正原稿をデータホルダーにはさんで、それを見ながら、元の原稿を修正してゆきます。

目の移動が左右に少しだけになりますので、疲れにくいのです。最近になってネットで購入したのですが、これほどまでに使いやすいのならば、もっと早く買うべきだと感じました。

あまりキレイには撮影できなかったのですが、私は実際に、以下のような感じで使っています。

クリックで拡大↓
Data Holder

 

 

 

 

これならば、プリントアウトした原稿を見るために下を見なくて良いので、目にかかる負担が少しで済みます。

一度書いた原稿をプリントアウトして、それに赤字を入れた方が、間違いは見つけやすいのです。その赤字原稿を見ながら、コンピュータで修正してゆくのが一苦労でしたが、データホルダーの登場で、かなりラクになりました。

原稿の校正はほぼ毎日やっているので、このデータホルダーには本当に感謝しています。もっと早く買えば、眼精疲労に悩まされなくても良かったのにと感じるほどです。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP