風花未来が、優れた詩や偉人の名言など、言葉(日本語)の力を再発見。「Web文章の書き方(ライティング)講座」を連載中。

menu

美しい言葉

堺雅人が主演した映画「鍵泥棒のメソッド」の感想

鍵泥棒のメソッド」という映画を、堺雅人が主演しているという理由だけで、DVDレンタルしてしまいました。かといって大して期待していたわけではないのですが、これがもう、ハンパないおもしろさで……

普通にレビューしてもつまらないので、この映画を一言(一つのキーワード)で表してみましょう。

おもしろい

とにかく、おもしろいんですね。寝転んで見ていたんですが、何度か、体がエビのように跳ね上がったくらいです。「おもしろさのツボ」をここまで絶妙におさえた映画を久しぶりに見ました。

ハイレベル

B級娯楽作品では、決してありません。脚本、演出、カメラワークなど、すべてが、ハイレベルなのです。

役者力

堺雅人香川照之の演技力が秀逸。特に、香川照之が記憶を失い、取り戻すまでの演技は笑えるやら、感心するやで……とにかく、必見です。

それと、年齢を重ねても「アイドルっぽさ」が抜けないために、女優としてイマイチだと言われがちな広末涼子が、完全に「脱アイドル」をかなえてくれました。冴えない、婚活女性を演じ切り、逆に「味な可愛らしさ」とかもしだしていますよ。

低予算

とにかく、大掛かりなことは何もしていません。誰が見ても、低予算だとわかります。それなのに、この「質の高さ」を実現してしまっているのですから、讃嘆に値しますよね。

田中けんじ監督

監督が気になる、数少ない作品の一つ。この映画を見る前に「ダイ・ハード」の5作目を鑑賞したのですが、ここまでパターン化(マンネリ化)してしまうと、作り手の存在に全く関心がわきません。逆に、この「鍵泥棒のメソッド」は「ここまで魅力あふれる映画を作る人はどんな人なのだろう?」と興味をおぼえ、他の田中けんじ監督作品も全部見てしまおうと思うのです。

最後に一言。

邦画、侮りがたし!

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

アーカイブ

お気に入り(ブックマーク)に追加してくだい♪

キーボードの「Ctrl」と「D」を同時に押してから「完了(追加)」ボタンをクリックしてください。「美しい言葉.com」を「お気に入り(ブックマーク)」に追加できます。

応援、ありがとう♪

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ