風花未来が、優れた詩や美しい大和言葉など、日本語の力を再発見。Web文章の書き方講座も連載中。

menu

美しい言葉

長瀬智也が主演した「白線流し」が根強い人気を持つ理由

長瀬智也が1996年に出演したドラマが、今もなお多くのファンを魅了し続けているらしい。

そのドラマのタイトルは「白線流し」。

執筆に疲れた時、DVDで鑑賞しているんですが……、

これほどまでに丁寧に時間をかけて作られているドラマは、今後は、もう出ないかもしれないと想うほどの傑作です。

このドラマ「白線流し」のテーマも自分探しなんですね。

1996年の作品ということで、主演の長瀬智也酒井美紀が、初々しく、旬オーラが鳥肌立ちを誘うほど。

テーマや、出演者の瑞々しさもさることながら、驚かされるのは、ドラマづくりの丁寧さです。

ワンシーンの質の高さが凄い。

演出、カメラアングル、役者の演技の表情、声の抑揚など、すべてが魅力的で、制作に相当な時間をかけていることが伺われます。

表現を変えるとと、私が今年になって繰り返している「クラフトマンシップが全編に息づいているんですね。

日本語でいうと「職人気質(かたぎ)」ですが、要するに、モノを作ることに深い愛情を持ち、丹精を込めて制作していることが、こちらにひしひしと伝わってくるのです。

7人の若者たちのキャラ立ちと関係性が、ものの見事に描出されていて、ドラマ史に残る名作と言って良いかと想います。

放送当時は視聴率は伸びませんでしたが、今になって人気が高まっているということは、時代がこういう世界を求めているし、作品の完成度が高いからでしょう。

ドラマは娯楽ですが、自己啓発マニュアルや心理学の本よりも、こうした良質なエンタテイメントから、学ぶものの方が大きいような気がする時があります。

いえ、学ぶという言葉は適切ではないかもしれません。

豊かに感じる、そういう情操を養えるという点でも、名作映画やクオリティの高いドラマは、やはり、繰り返し接してゆきたいものです。

今わたしが見ているのは、本編ですが、続編も出ています。

それらも全部鑑賞しましたが、やはり、高校時代を描いた本編lが珠玉ですね。

まだご覧になっていない方は、もちろん、レンタルで良いので、ぜひ鑑賞してみてください。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (1)

    • 匿名
    • 2017年 6月 13日

    本編が一番いいのだけど、中でも前半が丁寧に作り込まれて、青春の光と陰、甘酸っぱさを上手に描いていると思う。誰にでもあったその頃を再現しているからこそ、今でも共感と支持を得ているのだろうと思う。

アーカイブ

お気に入り(ブックマーク)に追加してくだい♪

キーボードの「Ctrl」と「D」を同時に押してから「完了(追加)」ボタンをクリックしてください。「美しい言葉.com」を「お気に入り(ブックマーク)」に追加できます。

応援、ありがとう♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ