風花未来が、優れた詩や偉人の名言など、言葉(日本語)の力を再発見。「Web文章の書き方(ライティング)講座」を連載中。

menu

美しい言葉

なでしこジャパン澤穂希の年収は350万円?


サッカー女子日本代表(なでしこジャパン)のワールドカップ(W杯)優勝によって、なでしこジャパンに関する様々な話題が飛び交っています。

中でも、注目されているのが、なでしこたちの厳しい環境について。世界一となった選手たちですが、実態は「セミプロ」であって、選手のほとんどは、他の仕事をしながら、サッカーに取り組んでいるのです。

W杯でMVPに輝いた、澤穂希でも、年棒は350万円程度らしい。他の選手たちは、アルバイトしながらプレーしているのが当たり前というのが現状。

そうしたハングリーな環境下にありながら、世界の舞台で大輪の花を咲かせた、なでしこジャパンに称賛と同情の声が集まるのは当然です。

明るい話題が極めて少ない今の日本にあって、なでしこジャパンは、まさに希望の象徴。このプラスのオーラにあやかろうと、テレビCMのオファーがなでしこに殺到しています。

中日スポーツによれば、すでに、澤穂希、宮間あや、阪口夢穂、大野忍、近賀ゆかり、岩清水梓の6選手が「なでしこリーグ」冠スポンサーの株式会社プレナスが運営する弁当チェーン「ほっともっと」のテレビCMに出演が決定。また、キリンビールの松沢幸一社長は「ネバーギブアップの戦う姿勢と団結力に敬意を表したい」と、キリングループとして、なでしこジャパン21人に、臨時ボーナス1人あたり100万円を支給することを明言したとか。

連日、テレビ出演している「なでしこ」たちですが、当分の間、この「なでしこジャパン」ブームは続きそうですね。

この人気の沸騰によって、試合のテレビ中継が増えれば、ファンとしては嬉しいかぎり。ただ、今の「なでしこ」たちの最大の魅力は「ひたむきさ」さ、純粋さなので、マスコミに踊らされることなく、その姿勢はずっと持ち続けてほしいものです。


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

アーカイブ

お気に入り(ブックマーク)に追加してくだい♪

キーボードの「Ctrl」と「D」を同時に押してから「完了(追加)」ボタンをクリックしてください。「美しい言葉.com」を「お気に入り(ブックマーク)」に追加できます。