風花未来が、優れた詩や偉人の名言など、言葉(日本語)の力を再発見。「Web文章の書き方(ライティング)講座」を連載中。

menu

美しい言葉

最も感傷的で、最も美しい、日本の抒情詩とは?


最近、二十代の時に読んだ、日本の近代詩のことがしきりと思われてなりません。深まりゆく季節のせいなのか、それとも他に深い理由でもあるだろうか、と独り首をかしげる私です。

そんなわけで、今回は日本の抒情詩の名作をご紹介することにしましょう。

日本の抒情詩の中で、もっとも感傷的で、美しいのが、立原道造の「のちのおほひに」だと私は思っています。

さっそく、引用してみましょう。

夢はいつもかへつて行つた 山の麓のさびしい村に
水引草に風が立ち
草ひばりのうたひやまない
しづまりかへつた午さがりの林道を

うららかに青い空には陽がてり 火山は眠つてゐた
──そして私は
見て来たものを 島々を 波を 岬を 日光月光を
だれもきいてゐないと知りながら
語りつづけた……

夢は そのさきには もうゆかない
なにもかも 忘れ果てようとおもひ
忘れつくしたことさへ 忘れてしまつたときには

夢は 真冬の追憶のうちに凍るであらう
そして それは戸をあけて 寂寥のなかに
星くづにてらされた道を過ぎ去るであらう

立原道造の詩には、二十代の前半の頃、親しみました。立原道造の詩は好きだったのですが、同時に物足りなさを覚え、他の近代詩人である、中原中也や八木重吉の方に強く惹かれてゆきました。

立原の詩には、高村光太郎や宮沢賢治の詩にあるような「求道性」はありませんね。八木重吉のように「祈る」詩人でもなかったし、中原中也のような「毒の分泌」もありはしなかった。

では、立原の詩には何があるのでしょうか?

今回読み返してみて、強烈なテーマとかがないところが、立原道造の詩の魅力だと思い当たりました。

何か、思想なり、詩学なり、人生観なりを、表白することは、立原にとっては「野暮」でしかなかったのではないでしょうか。

あらゆる「意味性」から逃れ、徹底した「透明な抒情性」を、精緻なソネット形式に定着させることにしか、立原道造は興味を覚えなかったとのだと思います。

立原が愛するのは、もろく、はかなく、消えやすいものだけであり、愛さえも、強固であってはならないのです。

「ただ感傷的である」とか「綺麗なだけだ」とか、そういう指摘は通常は批判でしかありません。

でも、まさに「意味のない感傷」や「ただ綺麗なだけの世界」に憧れ、それを、感傷や感性よりも、理知的に構築したのが、立原道造という詩人だと私は感じています。

表現された世界はこの上もなく感傷的で美しいけれども、その技巧はあくまで理知的であったのです。

美しい日本語で書かれた作品をまとめました。


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

お気に入り(ブックマーク)に追加してくだい♪

キーボードの「Ctrl」と「D」を同時に押してから「完了(追加)」ボタンをクリックしてください。「美しい言葉.com」を「お気に入り(ブックマーク)」に追加できます。

アーカイブ