美しい詩

  1. 「語り継ぎたい日本の詩100選」のうちトップ11まで発表。

    未来永劫まで、読み継ぎ、語り継ぎたい日本の詩100選を、現在セレクション中です。ただ、なかなか時間がとれず、進まないのが現状。一人でも多くの方に、優れた…

  2. 草野心平の詩「春のうた」は、みずみずしい生命讃歌。

    今回は、草野心平(くさのしんぺい)の詩を取り上げます。草野 心平は1903年(明治36年)5月12日 生まれ。 1988年(昭和63年)11月12日に死…

  3. まど・みちお「どうしていつも」~「いちばんぼし」より

    今回は、まど・みちおの詩「どうしてもいつも」をご紹介しましょう。どうしていつも太陽月星そして雨風虹やまびこああ …

  4. 高村光太郎の「レモン哀歌」は苛烈で静謐な愛の到達点であり、日本近代詩の頂点。

    おそらくは、どんなに詩に興味のない人でも、高村光太郎の「レモン哀歌」はご存じだと思います。「レモン哀歌」は、宮沢賢治の「雨ニモマケズ」とともに、日本近代…

  5. 八木重吉の詩「鞠とぶりきの独楽」と高村光太郎の推薦文。

    八木重吉の未刊詩篇の中にも、捨てがたい詩があります。特に以下の「鞠とぶりきの独楽」は、日本近代詩の貴重な成果であると言いたいくらいの傑作だと私は評価しています。…

  6. 何事の おわしますかは 知らねども かたじけなさに 涙こぼるる

    西行法師が伊勢神宮に参拝した時に歌ったとされる短歌が素晴らしい。何事の おわしますかは 知らねども かたじけなさに 涙こぼるる「素晴らしい」と思わず単純…

  7. 宮沢賢治の詩「永訣の朝」の鑑賞と解釈が難しい本当の理由。

    「けふのうちに とほくへいつてしまふわたくしのいもうとよ」で始まる、宮沢賢治の詩「永訣の朝」について、一度もこのブログで語ったことがありませんでした。見…

  8. よわねをはくな くよくよするな なきごというな うしろをむくな……坂村真民の詩「七字のうた」より

    坂村真民(さかむらしんみん)という詩人をご存知でしょうか。私の「風花心伝」を愛好されている方から紹介されて知りました。私は「言葉の底力」という言葉をしば…

  9. サトウハチロー「小さい秋みつけた」の言葉力

    今回のテーマですが、詩ではなく、歌詞を取り上げます。現在、私は日本語について、言葉について、かなり深く関わって暮らしているといえるでしょう。「W…

  10. 雨の音が聞こえる 雨が降っていたのだ……八木重吉の詩「雨」より

    今日は令和元年の初日。私の住んでいる埼玉は、あいにく雨です。そこで、今回は、八木重吉の「雨」という詩をご紹介しましょう。 (さらに&hellip…

PAGE TOP