泥だらけの純情」は、1963年に公開された日活映画。

 

泥だらけの純情(1963)

監督 中平康

脚本 馬場当

原作 藤原審爾

 

出演者 浜田光夫

吉永小百合

平田未喜三

小池朝雄

和泉雅子

三井真澄

音楽 黛敏郎

主題歌 吉永小百合「泥だらけの純情」

 

典型的な「吉永小百合&浜田光夫の恋愛映画」であると言われればそのとおりである。

 

しかし、この映画には侮れない、良質なエンターテインメント性があると私は言いたい。

 

2022年現在のエンタメ系映画よりは、ずっと質は良いと感じた。

 

時代にも、人にも「純」なるものが息づいていた、だからこういう映画が生まれ、支持されたのだと思う。

 

それにしても、この映画のラストには驚かされた。

 

物語がスタートして、まさか、このラストシーンは予想だにできなかったのである。

 

現実離れした設定。あり得ない展開。そして、度肝をぬかれたクライマックス。

 

これがエンタメだ。ドラマだ。そう言ってしまえばそれまでだが、今の私にとって、この映画は絵空事ではない。

 

年齢など関係なく、境遇など関係なく、ひょっとすると、心中してしまうかもしれない、そんな気持ちが私の内部で、疼いているのである。

 

怖い。だが、この恐怖心こそが、生きているという実感なのかもしれない。

 

私は、これから、どこへ行くのか。まったく、見当もつかない。いや、逆だ。ありありと私は私の最期がイメージできる。また、実際にそうなる気もしている。

 

怖い。だが、もう引き戻れない。前に進むしないのだ。

 

(Visited 25 times, 1 visits today)