扇谷正造が編集した「私をささえた一言」という本をめくっていたら、実に良い言葉に出逢いました。さっそく、引用してみましょう。

 

草にも 木にも いいことをしよう

 

人にも 水にも いいことをしよう

 

私にも いいことをしよう

 

聖書の言葉でしょうか。古谷鋼武さんという評論家が「私をささえた一言」としてあげている言葉。

 

古谷さんの恩師である松本良之助さんという日曜学校の校長先生が日記のなかに書きとめていた言葉だそうです。

 

上の言葉の読んだ時、実にいい感じがしました。

 

「私」については最後に語っているのも、謙虚で好感を持ちました。キリスト教とか、仏教とか、宗派などを忖度する必要がないと思えるくらい、人間の根底的な生き方、心の問題につながる表現ですね。

 

目線が低く、澄んだ心からにじみ出た言葉だから美しいのでしょう。

 

悲惨な原発事故の例を出すまでもなく、人間は草にも、木にも、水にも、そして、自分たち自身にも、「いいこと」をしてこなさすぎた気がします。

 

私の存在はあまりにも小さく、微力ですが、残りの時間をつかって「いいこと」がひとつでもできたら、と切に思うのです。

(Visited 24 times, 1 visits today)