風花未来が、優れた詩や美しい大和言葉など、日本語の力を再発見。Web文章の書き方講座も連載中。

menu

美しい言葉

CATEGORY歴史

「GHQ焚書図書開封 3 戦場の生死と「銃後」の心」を美しい日本語の作品に追加

もちろん、日本の歴史を見直すために、西尾幹二氏の「GHQ焚書図書開封」を読んでいます。またそれと同時に、私自身の、そして日本人の「心のふるさと」を見つけるために、熟読しているのです。 中でも「GHQ焚書図書開封3 戦場の生死と銃後の心…

西尾幹二「GHQ焚書図書開封」を読み始めた理由

来年、2017年の私のテーマは「心のふるさとを探す旅」を続けることに決定しました。 ふるさとという言葉にはいろんな意味があります。生まれ故郷という意味をありますが、私のいう「ふるさと」は「心のふるさ」となのです。 私にとって「心…

終戦の日に安倍首相の「戦後70年談話」を読んで想ったこと

今日、8月15日は終戦の日ですね。あの悲惨な戦争が終わって、70年目の夏を迎えました。 このブログ「美しい言葉.com」では、太平洋戦争について、何度か触れています。 太平洋戦争(大東亜戦争)を知るためのYouTube動画 …

櫻井よしこ氏が朝日新聞に廃刊を迫る理由とは?

この「美しい言葉.com」で紹介したことがある「言論テレビ」の櫻井よしこさん。その発言が、最近、さらに過激になってきています。 過激になっている原因は、朝日新聞が今年2014年8月5日と6日に掲載した「従軍慰安婦」に関する訂正記事にほ…

「原爆の日」に想うこと

今日、阿佐ヶ谷駅の近くで偶然、街頭インタビューを受けました。BSの何とかテレビとかいうことでしたが、それはともかく「8月15日は何の日か知っていますか?」という質問に対して答えなければいけませんでした。 答えはもちろん「終戦記念日」で…

NHK「1964 東京オリンピック」を見た感想

NHKの総合テレビが三夜連続で1964年に日本で開催された「東京オリンピック」のドキュメントを放送しています。 1回目と2回目を見たのですが、これがかなり良いです。 古関裕而が作曲した開会式の行進曲「オリンピック・マーチ」を聞く…

日本の現代語は「日本国憲法」を抜きにしては語れない。

2回連続で、太平洋戦争(大東亜戦争)で没した人の詩をご紹介しました。⇒竹内浩三の詩「骨のうたう」オリジナル版 で、今日、8月15日は、終戦記念日(終戦の日)です。この日は天皇の玉音放送があった日ですが、実際の終戦は、日本政府が、ポツダ…

アーカイブ