風花未来が、優れた詩や偉人の名言など、言葉(日本語)の力を再発見。「Web文章の書き方(ライティング)講座」を連載中。

menu

美しい言葉

修飾語は被修飾語のすぐ近くに書くべき。


「表現力に優れた文章」という場合、「優れた」が修飾語、「文章」が被修飾語となります。この時は、どの言葉がどの言葉を修飾しているかが、ハッキリとわかります。つまり、修飾語と被修飾語の関係が明らかだと言えるのです。

ところが、「美しい丘の上に立っている少女」と書きますと、「美しい」のは「丘」なのか、「少女」なのかが、判然としません。少女の美しさを伝えたいのであれば「丘の上に立っている美しい少女」と書くべきなのです。

この例でもわかるのですが、修飾語と被修飾語を離してしまいますと、読者の誤解を生みやすくなります。ですから、修飾語は被修飾語のすぐ近くに置くようにすべきです。

ごく初歩的なことですが、どなたでもおかすミスですので、気をつけましょう。

美しい日本語で書かれた作品をまとめました。


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

応援ありがとう♪

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

アーカイブ

お気に入り(ブックマーク)に追加してくだい♪

キーボードの「Ctrl」と「D」を同時に押してから「完了(追加)」ボタンをクリックしてください。「美しい言葉.com」を「お気に入り(ブックマーク)」に追加できます。