白痴

  1. ドストエフスキーの「白痴」は絶世の美女と大金がからむ話。物語設定は超シンプル。

    ドストエフスキーの名作長編小説「白痴」を、順を追って読み解いてゆくことにします。テキストは新潮文庫版で。最近、文字が大きくなって読みやすくなりました。私…

  2. ドストエフスキー「白痴」の感想

    この本を最後まで読み切ったら、ひょっとすると自分の人生が変わってしまうかもしれない、という期待感が持てる本は、そうそうあるものではありません。実はそうし…

  3. ドストエフスキーの「罪と罰」ではなく「白痴」を読む理由。

    ドストエフスキーの「白痴」をじっくり時間をかけて、読み切ってゆこうと思います。ただ、文庫本で1500ページ近くある長編ですから、そんなに完読は簡単ではあ…

PAGE TOP