外国の名作映画・ドラマ

アーノルド・シュワルツェネッガーの意外な一面を見た映画

映画「コラテラル・ダメージ」を鑑賞しました。主演は、アーノルド・シュワルツェネッガーです。

「コラテラル・ダメージ」という言葉は「政治的にやむを得ない犠牲」と言う意味合いを持つそうです。

ストーリーは、復讐のために、アーノルド・シュワルツェネッガーが奮闘するという単純な設定でした。

アーノルド・シュワルツェネッガー主演の映画というと、ど派手なアクションが見どころになるわけですが、この「コラテラル・ダメージ」を見て、オヤッと感じたことがあったのです。

それは、派手なアクションで観衆を熱狂させるだけでなく、性格俳優として際立った演技力を示していることでした。微妙な心理を顔の表情であらわして、なかなか良かったのです。

もちろん、アクションも素晴らしいですよ。それと同時に、アーノルド・シュワルツェネッガーは、人間としての哀しみ、優しさを表現していて、演技に深みが感じられたことが収穫でした。

この映画では、シュワルツェネッガーは消防士の役ですから、スーパーマンではない、人間くさい一面が味わえたのだと思います。

最近「ダイ・ハード」など、肩の凝らない、アメリカのアクション映画を見ていますが、今回のような意外な発見があったりして、なかなか楽しいです。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

アーカイブ

PAGE TOP