昨日、大量の本を処分しました。本棚があふれかえっていたからです。引っ越しのために、本格的な断捨離を始めなければ。

ゴミとして捨ててしまった本と、近くのブックオフに持っていった本とがあります。

大きな紙袋に高価で傷んでいない、高値がつきそうな本を詰めて、ブックオフに持ち込んだのです。

結果は、たったの1080円でした。

まあ、最初から、あまり期待していなかったので、文句は言いませんでした。

しかし、アマゾンのマーケットプレイスで、無数のCDや本を売ってきた経験があるので、ブックオフの値段の付け方は、むごいなあという感じです。

マーケットプレイスでしたら、数万円で売れる本たちでした。まあ、梱包と発送の手間がたいへんなので、もう、マーケットプレイスを利用する気はありませんが……。

それはともかく、まだまだ、捨てなければいけない本は山ほどあります。これ以上、部屋がとっ散らからないために、新しい書籍の購入は、極力、避けるつもりです。

今後、どれだけ、本を捨てられるか、このことも、私にとって、大きな課題なのであります。

最後に、私の読書感について。

真の読書とは、本を読むことではなく、本を暗記することを指す。

数百ページの本の全文を暗記するのは困難ですが、その一部を、知らぬ間に暗唱しているくらいに、読み込んでこそ、読書だと思っています。また、暗唱するくらいに価値のある本だけを、愛読書と呼びたいのです。

自分の書斎には、本ではなく、愛読書だけを置いておきたいと思うのであります。

(Visited 13 times, 1 visits today)