立原道造の「草に寝て……」というをご紹介します。

 

草に寝て……

 

六月の或る日曜日に

 

それは 花にへりどられた 高原の

林のなかの草地であつた 小鳥らの

たのしい唄をくりかへす 美しい声が

まどろんだ耳のそばに きこえてゐた

 

私たちは 山のあちらに

青く 光つてゐる空を

淡く ながれてゆく雲を

ながめてゐた 言葉すくなく

 

──しあはせは どこにある?

山のあちらの あの青い空に そして

その下の ちひさな 見知らない村に

 

私たちの 心は あたたかだつた

山は 優しく 陽にてらされてゐた

希望と夢と 小鳥と花と 私たちの友だちだつた

 

立原道造の詩には珍しく、現実の気配、匂いのする作品だ。

 

それでも、基調は立原セレナーデと呼びたい、夢心地に誘う音楽からは逸脱してはいない。

 

立原道造が好んで使うワードが、ここに集結している。

 

日曜日、花、高原、林、小鳥、唄、山、空、雲、言葉、しあわせ、村、心、陽、希望、夢、友……

 

立原ワード、そのものが「詩」であることに気づく。

 

立原道造のその他の詩はこちらに

 

 

(Visited 194 times, 1 visits today)